スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <無料レポート版>エンジニアがビジネス書を斬る! > その他 > ヤバい!怖い!トラブルだッ! 会社とお店を守る最強の警察活用術

ヤバい!怖い!トラブルだッ! 会社とお店を守る最強の警察活用術

2004-07-09

●ヤバい!怖い!トラブルだッ! 会社とお店を守る最強の警察活用術
野元 泰秀 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894511681/maruruchan-22

万が一に備えて、こういう知識って必要です。

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『トラブルの際には?』                
┃                            
┃   あまりに知らないので、ほんと見当もつきません。  
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『知ってる-知らない』
 『シミュレーション』
 『逃げる』
 『望む結果』

★━━━━本の著者への疑問━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『トラブルを未然に防ぐには?』            
┃                            
┃   何事も起こる前に片付けられればいいですよね    
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『証明力-証拠を残す』
  警察に相談する場合でも、通報する場合でも基本的に証拠が必要です。
  だから「相手からの文書」「メモ」「応対記録」を残しておかないと
  いけないのは常識。最近はICレコーダを使えば電話も録音できますし。

  結局、トラブルを警察に頼る場合って、現場にいない人にお願いするわけ
  ですよね?だから、客観的な証拠がないとだめなんです。
  理系の世界で、論文を発表するときも証拠・根拠がないものは
  基本的に相手にされません。だって他の人が試してみることも
  できないんですから。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『対応のシミュレーションをしておく。』
  何事も突然ではパニックです。「なにかやばいことがあったらどこに
  連絡するか?」をちゃんと前もってチェックして見やすいところに
  張り出さないと。

  シミュレーションをしておくには何が必要かといえば「得たい結果は何か?」
  です。命が助かりたいのであればお金を渡すのも手段だし
  もう2度と来てほしくないのであれば、そうなるように警察に相談
  しないといけない。
  ここでも「目的」が大事になります。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『相談するときのポイント』
  エンジニアやコンサルタントがプレゼンをするときと同じです。
  5W1Hでまとめること。記憶+客観資料を持って
  話にいかないとだめです。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『5W1Hでプレゼンする』              
┃                            
┃   相手に自分の言っていることを信じてもらうために  
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 警察って怖くて近寄りたくない!と思っていたんですが、
 小さな会社をやっている人に取っては、最後の助けの綱なのでしょうね。
 
 警察官だって人間、相手に納得してもらうためには
 普通のビジネスと一緒で、こちらの言っていることを納得して
 もらわないといけません。

 だから、上にかいた気づきも普段なら当たり前のことですが
 「警察」「トラブル対応」ということを考えたときに当たり前になっているか
 どうか見直さないといけないと思いました。

●ヤバい!怖い!トラブルだッ! 会社とお店を守る最強の警察活用術
野元 泰秀 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894511681/maruruchan-22


 

その他の関連記事

▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <無料レポート版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.